必要に応じて書斎や複数の収納スペースを設けられるのが注文住宅の醍醐味です

書斎があると趣味や作業が捗ります

注文住宅の醍醐味は、ユーザーが目的と好みに合わせて住宅の設計が出来る点です。今どきの分譲マンションや分譲住宅ではあまり見かけない、書斎を設ける事が出来ます。自室とは違った、読書やデスクワークに特化したスペースです。ちょっと集中して読書をしたい時、パソコンで落ち着いて文書作成をしたい時など、生活空間から良い意味で隔離された部屋があると、効率よく仕事に打ち込めます。防音設備を充実させれば、家の外やリビングの物音や人の声が聞こえなくなり、長時間集中して作業に没頭できます。隠れ家的な喫茶店の店内を彷彿させるインテリアデザインにすれば、中世ヨーロッパの作家のような気分を味わえるでしょう。

収納場所は家の色々な場所に

収納場所は家の色々な場所に設けた方が、片づけが楽になります。巨大な倉庫のような収納庫を家の一角に設けるのも良いアイデアです。ただ一か所に限定してしまうと、遠くの部屋から物を片付けに来るのが億劫になります。特に重たい家電や家具、趣味の物などを片付けるのに苦労します。そのうち面倒になり、掃除機や趣味のスポーツ用品や楽器などがリビングに置かれたままになりかねません。そのような結果を避けるためには、やはり家のあちらこちらに収納スペースを設ける事が一番です。例えば楽器の練習をする防音シート張りの部屋の近くに、ギターやウッドベースを片付けられる空間を設けておけば、家族の者がきちんと練習が終わった後、そこに楽器を収納してくれます。

埼玉の注文住宅は、工務店に相談する方法もあります。地域のことをよく知っているところが多いので、住宅以外のこともアドバイスしてくれます。

You Might Also Like