ポイントは縦空間の活用!一味違う狭小住宅

ロフトという自由空間

昨今注目の狭小住宅は、工夫次第でアイデアの詰まった、ほど良い遊び心が心地良い室内空間を構築できる、可能性に満ちたマイホームです。面積の広い一般的な注文住宅とは違い、複数の部屋の間取りなど、平面に対する工夫こそ限られてしまいますが、反対に縦空間を活かすことで、機能面にも優れた独自空間を演出できるのも魅力です。

そんな狭小住宅でぜひ採用したいのが、ロフトの活用です。たとえば土地が斜面であれば、中二階的な配置にすることで、垂直建築以上の室内空間の確保が可能となります。あるいは屋根裏部屋的なロフトに天窓を配備すれば、自然な太陽光が降り注ぐ、柔らかな空間を演出できます。「狭小」という制限を逆手に取った工夫が楽しめるのも、こうした住宅ならではの魅力でしょう。

家族のライフプランに応じた活用を視野に

狭小住宅のロフトは、お子さまの成長を含めた、家族の中長期的なライフプランに沿って、幅広く活用できる、自由かつ空間です。子ども部屋として使うとするなら、差し詰め秘密基地的なイメージでしょう。ご主人のコレクションの保存場所など、大人の隠れ家としても夢が広がりますし、日中の奥様の読書や編み物部屋としても活用できます。やがてお子さまが独立され、ご夫婦二人の生活になれば、大切な家族の想い出の品物の収納庫として、活躍してくれることでしょう。

狭小住宅の建築で実績を持つ専門業者であれば、さまざまな事例と経験から、こうしたユニークなアイデアを色々と提案してくれることでしょう。狭小住宅のメリットを最大限引き出すプランを練り上げるべく、ぜひ積極的にアイデアを伝え、より多くのアドバイスを参考にしてください。

狭小住宅は面積が狭い敷地に建つ住宅なので部屋や廊下がどうしても狭くなります。居住性を向上させるためには家具や家電製品を必要最低限の数にとどめ、出来るだけスペースに余裕を持たせることが大切です。

You Might Also Like