注文住宅の相場は建築料によって変わる?グレードは?

注文住宅の相場と設計料

注文住宅の予算を考える場合、土地・家屋を含めたトータルの価格で確認したほうがいいでしょう。平均的には地域の地価によって費用は異なりますが、3千万円台後半が相場とされています。土地と家屋を合わせた金額ですが、家を建てるときに利用する建築業者によっては、名のある建築家が設計する場合もあります。その場合、設計料をとる場合もあるため、事前に確認をしておくことが必要です。建築家のファンで、ぜひその建築家が携わった家に住みたいと考えるのであれば、設計料がかかっても建築家に設計してもらったほうがいいでしょう。しかし、特に建築家にこだわりがなく、住まいの機能や構造、間取りなどを予算の範囲で考えたい場合には、事前に建築業者と相談し、納得行く家造りにすることを優先してください。

注文住宅の建築費用でわかること

家の間取りや家の建築費用を考えることが、住まいを立てるときに必要といわれています。たとえば、土地代や諸経費を除いた家の建築費用だけで考えた時、どれくらいの費用ならどのグレードの家を建てられるのか、理解しておくこと立てるときの参考になりやすいです。建築費用を1千万円とした場合には、多少狭い住まいで、機能性にも問題のある家造りとなることが少なくありません。建築する家の間取りなども多少我慢を強いられる可能性が高いです。2千万円であれば、ごく一般的な注文住宅といえるでしょう。バルコニーや窓のガラスの質の向上や、キッチンやバスルームの機能性を高めること、屋上をつけることも可能となってきます。3千万円程度であれば、予算に関係なく納得できる家造りが可能となるでしょう。グレードや建築費用を考えて家を建てる計画を立ててください。

2000万の家でも40坪前後の土地であれば、大手メーカーでも設備を削ることなく魅力的な家が建築できる価格です。

You Might Also Like