良い不動産屋さんか悪い不動や参加を見分けるための方法

外側からでもある程度は判断できる

賃貸物件を探す際に必ずといっていいほどおせわになるのが不動産会社であり、良い物件と巡り合えるかは不動産会社によって左右されるといっても過言ではありません。不動産会社の良し悪しを判断するには実際に訪れてみて担当者と話すのが最も確実ですが、一軒一軒回るのには時間もかかりますし、体力と精神量も消耗します。実は外側からでもある程度不動産屋さんの質を見極める方法がいくつかあるのです。1つは壁などに貼られている広告です。広告には物件の間取りと一緒に不動産会社がその物件のおすすめポイントを記載している場合がほとんどなのですが、不動産の広告には「絶対」や「抜群」などといった誇大表現を使用することはできるだけ避けるように定められています。そういった誇大表現を多用している不動産会社はあまり質がよくないと判断してよいでしょう。

また、不動産会社の玄関には宅建免許の認可番号が書かれていることがほとんどですが、この免許番号が大きいほどその場所で長年営業している不動産会社ということになります。長年営業している不動産会社が良い不動産会社だとは一概には言えませんが、長年営業しているなりの強みを持っていることは確かです。

こんな不動産会社は要注意

広告などに問題なかったとしてもまだ油断はできません。特に注意したいのが表に張り出された広告など、事前に情報を得てから尋ねたのに、その物件の情報を一切教えてくれない不動産会社です。例えば壁に張り出されていた物件がまだ残っているのかと聞いても全く返答せず、別の物件を薦めてくるような不動産会社にはお世話にならない方がいいでしょう。

理想的な空間の苫小牧の賃貸マンション探しは、多くの物件を見学することからスタートしましょう。まず地元の不動産屋に紹介してもらいましょう。

You Might Also Like