別荘を購入するなら税金対策が必須!?注目ポイント3選

別荘購入時にかかる税金を見積もりに入れよう

別荘購入時にかかる税金は、印紙税・登録免許税・不動産取得税の3種類です。不動産取得税は購入後半年から1年以内に現地を管轄する市町村役場から納入通知書が送られてきます。別荘の場合には固定資産評価額の4%が課税されるので、事前にまとまったお金を用意しておくと良いです。別荘購入時に必要な費用は、事前に仲介不動産屋へ依頼すると税金についても一覧にて作成してもらえます。ローンを組む場合には、税金の支払いが滞らないように頭金の額を調整する必要があるわけです。

毎年かかる税金は固定資産税と住民税

毎年かかる税金として、別荘には固定資産税と住民税の2種類があります。不動産登記を行ったことにより、固定資産税の課税は仕方ないとしても、住民税については住民票を移していないにも関わらず課税されることに違和感を覚える人もいるはずです。しかし、住民税については所得割と均等割があるので、住民票を置かない別荘に対しては資産に応じて支払う均等割のみが課税されることになります。住民税の均等割課税額は、自治体により異なるので事前に調査しておくだけで高いか安いかが分かります。

セカウンドハウスとして認められれば減免措置可能

別荘を購入する時にセカンドハウスとして認めてもらえると、固定資産税について減免措置を受けられます。延べ床面積が200平方メートルを境に変わるものの、最大1/6まで減額措置を受けられるわけです。条件としては、毎月1日以上滞在するために使用することが条件となっているので、毎週末利用する場合に適しています。また、単身赴任を避けるために平日利用するための別荘もセカンドハウスとして認められます。

八ヶ岳の別荘は高原地帯に位置しており、冬は大変寒くなる地域ですので、暖房器具は強力なタイプのストーブや石油ファンヒーターを使うのが良いでしょう。

You Might Also Like