注文住宅の設計は家族構成の変化を重視して!間取りのアドバイスも紹介

家族構成の環境の変化を考える

使用期間が長い大きな買い物となる注文住宅のマイホーム。現状の家族構成で考えるのではなく、今後どんな人が何年住むのかを予測して家造りを考慮していく必要があります。今は夫婦で二人暮らしをしていても、子どもが一人、二人と加わることで、子ども部屋も検討することになるでしょう。そして、子どもたちが成長して家を出ることがあれば、再び夫婦二人の生活に戻ります。その後は、親の介護で同居することになることや、子どもが結婚して二世帯で住むこともありますし、孫が生まれてさらに家族が増えることもあるかも知れません。注文住宅で家造りを考えるときは、常に住む人が一定ではないということを予測しておくことが大切なポイントです。

フレキシブルな生活空間に!可動間仕切りの間取り

現在は夫婦二人で生活していたとしても、将来の子ども部屋や親との同居、老後の生活などを考えることがありますよね。増える人数を予測してそれに応じた部屋数は検討しやすいですが、子どもが独立したときなど、使っていた部屋が丸々無駄になることがあります。そんな時に無駄なスペースをつくらず快適に利用できる方法が「可動間仕切りの間取り」です。

その名の通り、動かせる間仕切りのスペースのことで、子ども部屋やリビングに使用されることが多いです。仕切りを開けて広いスペースを開放的に利用することもできますし、子どもが成長したら2部屋に分けて使う方法もあります。また、子どもの独立後に自分の親と住むことになったら親の部屋として使ってもらうこともできます。老後は夫婦二人暮らしになれば、客間や書斎、趣味の部屋としても活用でき、可動間仕切りは柔軟な生活の空間をつくれる便利な間取りです。

千葉の注文住宅を依頼する場合、格安で引き受けてくれる工務店もありますので、よく調べて検討することが大切です。費用対効果が高い家を得意としている工務店もあります。

You Might Also Like